債務整理は完済した業者さんの明細も準備する事!

MENU

忘れがちな借金を完済した業者も債務整理をする業者一覧に入れましょう!

債務整理の書類を準備する中で1つ気をつけていてほしい事があります。それは

 

『完済してしまった債権業者も債務整理業者一覧に入れておく』

 

って事です。これは多くに方が犯しやすいミスなので、必ず忘れずに債務整理業者一覧に入れて起きましょう。
なぜかと言うと、

 

『完済した日から10年以内であれば、過払い金の返還請求ができる』

 

長期に渡って返済を終えている場合かなりの過払い金が発生している可能性がありますので、完済していてもお金を取り戻せますので忘れずに債務整理業者一覧表に記入しましょう。

 

もし、もう10年たってるよ!
という方も最後まで諦めてはいけません!

 

10年が経過していたとしても、消滅時効として取り戻せないこともありますが取り戻せるケースもありますので司法書士や弁護士の方には全て伝えましょう。

 

それと、完済した借金の明細書などはだいぶ昔の事なのでないよ!
という方も大丈夫です。

 

もし、明細書を紛失していたとしても債権者に取引開示請求をすれば取引の明細が分かりますので安心して下さい!

 

では、どんなデータが必要なのか?

@業者の名前(支店名)
A完済した金額
Bいつから借り始めたのか?
Cいつ完済したか

何度も行っていますが、正確に分からなくても大丈夫です。債権業者に取引開示請求をすれば正確な情報が分かりますので。

 

完済しているという事は元本はゼロですね。
平成22年以前の取引で長年の取引だと過払い金が発生している可能性が多いにあります。

 

出資法の金利と利息制限法の利息で返済するのとではかなりの金額の差がでますので。

出資法での利息での支払いだとサラ金業者以外の業者も忘れずに!

この事も多くの人がミスを犯すのですが、

 

『サラ金業者以外の信販会社などの完済業者も債務整理一覧表に入れておく』

一見、債務整理だとサラ金業者の事に意識が行きがちですが利息制限法より大きい利息を払っていた債権者があるのならサラ金以外の信販会社や商工ローンなどの完済した借金でも過払い金が発生する可能性がありますので忘れずに記入しておきましょう。