個人再生の借金返済が理由無く滞ると再生計画の取り消しがありえる!

MENU

個人再生が認められたら何が何でも返済する事!

⇒個人再生の借金返済が滞っても特別な救済処置があるんです!
の記事でもお話しましたが、自分だけの理由で返済できなくなった場合は特別な救済措置を利用する事ができますが、自分の怠慢さで個人再生で決定した返済計画金額を支払えなくなるとペナルティが課せられる事になります。

どういう事かというと、もし自分の怠慢さで返済計画金額を支払わないとなると

 

『業者は、裁判所に再生計画の取り消しを申し立てる事ができる』

もし、裁判所がこの再生計画の取り消しを認めると再生手続は無かった事になって、個人再生の時に減額した借金が元通りに戻っていしまいます。元に戻るという事は、個人再生で減額した借金額に戻るのではなくて個人再生で減額する前の純粋な借金の金額に戻るという事です。
※今まで支払った借金分は除かれます。

 

しかも、ここからが大変です。もし個人の理由で返済できなくなると前の借金額に戻るだけではなくて

 

『再生手続きが取り消された場合、裁判所から自己破産の開始決定を受ける事がある』

もうこうなると自己破産をしなければいけなくなります!せっかく自己破産をしなくていいように個人再生をして資産を守っているのに今までの努力が水の泡になります。自己破産になると、資産などは処分されます。もちろん家もです。なので、個人再生をした場合は必ず返済する事を心がけてください!

個人再生が認められたら心を入れ替える!

自営業などの経営不振での借金はしょうがないかもしれませんが、だいたいの個人再生をする方は自分の怠慢さで出来た借金が多く感じます。実際にはそういう方が多いです。

 

なので、個人再生が利用できるのであればここで何が何でも返済」する!という強い気持ちで望んでください!
まだ、個人再生の法律が無かった頃は任意整理ができない人はもう自己破産しかなかったわけです。
自己破産という事は資産を全て処分される事です。家もなくなります。家族もバラバラになる可能性だってあるんです。

 

でも、今は個人再生という法律があり、減額幅も働いているかぎり返済できる金額にまで減額されます。
持っている資産は処分せずに債務整理する事ができます。
ここが一番の魅力です。

 

自己破産しても普通に生活する事はできるのですが、自分の大切なものを処分せずに借金を返済する事ができますので社会で生活するのも自己破産よりも早く落ち着く事ができます。

 

これだけの事が個人再生では守ってくれますので、個人再生が利用できる人は心を入れ替えて借金を全て返済してほしいと思います!