自己破産のメリット・デメリットを説明します。

MENU

自己破産とは?

自己破産とは

 

借金を支払わずに、人生の再出発ができる債務整理方法のこと

 

任意整理と個人再生と決定的に違うのが借金を支払わなくてもよい!ことです。
あくまでも、自己破産は最終手段なので引き直し計算をして支払える金額や個人再生でも法律で決められた返済額を支払えるのであれば、任意整理や個人再生のほうが人生の再出発がしやすいので任意整理や個人再生を選びましょう!

 

やはり法律で決められている利息などは支払うのが筋だと私は思います。利子はつくけど債権者には1度はお金がなお状態の時に助けてもらっています。なので、今の借金が返せる額であるのならば返すようにしてください!

 

あくまでも最終手段という事をお忘れずに!

自己破産のメリット

自己破産のメリットと言えばこの一言に尽きると思います。

 

@借金を返さなくていい!

 

自己破産のメリットと言えばこの1つだけだと思います。
とにかく資産があれば処分されますし、手元に大きな貯金があればそれも処分されます。

 

借金も全てなくなる代わりに、自分の資産も全てなくなります。
一からの人生のやり直しです。

自己破産のデメリット

やはり自己破産には色々なデメリットがあります。
でも、人生を一からやり直すと思えばデメリットもメリットに変わりますので考え方次第です。なのでしっかりと自分の置かれている状況を知りデメリットもメリットに変えて新しい人生を歩みましょう!

 

@破産手続きの開始決定から免責が確定していない間は就けない職業がある!

 

自己破産をする場合には就けない職業があります。では、その就けない職業を紹介します。

 

@弁護士
A司法書士
B税理士
C公認会計士
D行政書士
E質屋
F古物商
G生命保険外交員
H宅地建物取引主任者
I警備員

 

このような職業には就けません。
でも、免責が確定したらこのような職業にも就けますので安心してください!
破産手続開始決定から免責が確定する期間だけがこのような職業に就けなくなるということです。

 

A一定以上の資産があれば処分される

 

自己破産を考えている人なので、そう大きな資産は持っていないと思います。でも、形見や思い出の品などでどうしても手放したくない!と思ってギリギリまで持っている人もいます。どんな物が資産になるのかは下の記事で書いています。

 

⇒自己破産をする時に処分される資産とは?

 

 

B官報に自分の氏名や住所が載り、市町村役場の破産者名簿の載る

 

官報に載るといっても、官報を見ている人なんて自分の回りにはそうはいません。なので、自己破産しても回りにバレる事はそうはありません。破産者名簿に載るのも、免責が確定するまでなので、免責が確定すれば破産者名簿から名前は消えます!

 

Cブラックリストに載る

 

個人信用情報期間にブラックリストとして登録されると、だいたい5年〜7年は新しい借金やクレジットカードの作成、住宅ローンが利用できません。この事をデメリットではなくてメリットと考えれば、借金ができなくなるので再出発と考えればメリットになると思います。