任意整理が難しい人は個人再生を検討しよう!

MENU

個人再生とは?

 

個人再生とは平成13年4月から適用された法律で

任意整理で引き直し計算をした金額が原則3年で払えない場合に裁判所を通して原則3年で払える金額に減額して貸金業者に返済していく方法です!

 

個人再生の最大のメリットとは?

 

個人再生の最大のメリットは

 

マイホームを手放すことなく債務整理が行えるということです!

自己破産にすると、20万円以上の資産と99万円以上の現金は処分されるのですが、個人再生は法律によって減額されてもマイホームが処分される事はありません。

この事が最大のメリットと言えます。
※ただし、住宅ローンの減額はありません。

 

任意整理ができなかったらすぐに自己破産をすすめる弁護士も多いのでそこには注意して下さい!

 

 

 

小規模個人再生の借金返済金額はこうして決定する!

個人再生の手続きをするのなら法律によってこの金額は支払わなければいけないという金額が決められています。
この金額を

 

『最低弁済基準額』

 

と言います。

 

この最低弁済基準額というのは借金総額によって決められています。

 

@借金総額が100万円未満・・・借金総額
A借金総額が100万円以上〜500万円以下・・・100万円
B借金総額が500万円以上〜1500万円以下・・・20%
C借金総額が1500万円以上〜3000万円以下・・・300万円
D借金総額が3000万円以上〜5000万円以下・・・10%

住宅ローンを支払っている人でも、個人再生を適用すれば、収入が安定している人であればかなりの確率でマイホームも維持できなおかる借金も返済できるので自己破産するよりも個人再生の方がいいのが目に見えて分かったと思います。
まずは、自己破産なんて考えずに任意整理が無理でも個人再生法を検討してみて下さい!

 

STEP4:個人・民事再生法が難しい人は自己破産を検討しよう!