過払い金の請求時効は10年!でも戻ってくる可能性があるんです!

MENU

完済してもまたすぐに借り入れした人は要注意!

一般的に過払い金請求の時効は10年となっています。
でも、10年をすぎていたと思っていても過払い金を請求できる方法があります。
それは、

 

『借金を10年以上前に完済したが、またすぐに同じ会社から借り入れをした人』

 

このような人は過払い金を請求できる可能性があります。必ず過払い金を請求できるとは言いきれませんが、可能性があるってことです!
『私は完済して10年過ぎているな〜』と思っていてもまた同じ会社から借り入れをしていませんか?』

 

過払い金の請求の時効は10年ですが、取引全体の最終取引の翌日から10年という事なんです。また短期間で同じ会社から借り入れをしているとなると継続した取引とみなされる場合がありますので諦めてはいけません。

 

 

 

完済してからまた借り入れをする期間が問題となる!

やはりここで問題となるのは、

 

完済して、また同じ会社から借り入れをする期間が重要になってきます。

 

この期間が法律でもハッキリと決まっていないのが問題なんです。最終取引からかんりの時間がたっていれば別の取引とみなされる事が多いですが、どのくらいの期間までなら大丈夫!という期間が定まっていないのも問題なんですが、この問題になると過払い金の裁判になる事が多くなります。

 

過払い金請求は、債権者もお金を出したくないので裁判まで持っていけば債務者が諦める事が多いので過払い金裁判になる事が多くあります。
でも、弁護士に頼めばほとんどの業務はやってもらえますので諦めないで裁判になったとしても過払い金請求は行うべきです!

 

『借換え』というものもある!

 

これは取引自体に中断という事ではなく、残った借金を精算して限度額を広げる事です!
簡単に説明すると前に借金の完済と新しい借金を同時に行う事です!

 

この場合は、10年以上前の精算、新しい取引開始でも一連の継続した取引とみなされます!
という事は過払い金の請求ができるという事です!

 

10年以上前に完済した借金でも、理由にとっては過払い金を請求できる事がある!って事です!
『もうあの借金は10年以上前に終わっているから過払い金の請求はできないな!』と自分で決めつけずに、弁護士や司法書士に相談してみてはどうでしょうか?今は債務整理に関する事だと無料で相談できますので自分には損はないって事です!

 

すぐに諦めるんではなくて一度相談してみてはどうでしょうか?思っても見ない過払い金が戻ってくる可能性があるかもしれませんよ!