自分でなんとかしたい人、時間がある人は特定調停もできる!

MENU

特定調停とは?

任意整理できる人が、弁護士や司法書士を使わずに自分だけの力で任意整理を行う方法です。

 

この方法の最大のメリットと言えば、弁護士や司法書士を使わずに自分の力で任意整理を行うので弁護士や司法書士の費用がかからないってことです。

 

※ただし、引き直し計算をして任意整理ができないと判断した場合は、特定調停はできませんのでお間違いなく!

特定調停に合っている人、合わない人!

この特定調停は、自分で全ての事をしないといけないのでどうしても出来る人、出来ない人がでてくるんですね。
では、どんな人が合っていて、どんな人が合っていないのでしょう。

 

特定調停が合っている人(メリット)

@分からなくても自分で調べる根気強い人
根性があると言っても代わりないでしょう。はっきり言って任意整理に必要な知識を司法書士や弁護士並みに頭に入れないといけません。貸金業者は素人と思って色んな事を言ってきます。

 

A任意整理に知識を弁護士並みに勉強できる人
これも@に似ていますが、元々勉強が好きな人には合っていると思います。

 

B少しのお金も払いたくない人
特定調停の最大のメリットというか、メリットはこれだけなんですけど、弁護士や司法書士の費用がかからない事です。絶対にお金を払いたくないという人はいいでしょう。

 

C人前に立ってもしっかりとした受け答えができる人
特定調停と言っても簡易裁判所での話し合いになりますので、人前に立って受け答えと自分の意見をはっきりと言う必要があります。なのでしっかりとした知識も必要ですし、相手は貸金業者なのでお金のプロです。しっかりと知識があって人前に立ってもしっかりとした受け答えができる人にとっては特定調停はいいでしょう。

 

D忙しくなく任意整理の勉強に当てる時間がある人
勉強するのも時間がかかりますし、たくさんの書類を集めたり作ったりしないといけないので時間がかかります。

 

特定調停が合わない人(デメリット)

特定調停が合っている人の逆の事が言えます。

 

@分からない事があれば根気強く調べられない人

 

A勉強嫌いな人

 

B弁護士費用は分割で支払う事ができるので、それだったら払ってもいいかな。と思う人

 

C人前で話すのが苦手な人

 

D時間ががなく忙しい人

 

特定調停が合っている人の@〜Cが全て自分に当てはまっていると思う方は、ぜひ特定調停で任意整理をする事をおすすめします。
でも、1つでも当てはまらなかったら特定調停をするのは難しいと言えます。

弁護士、司法書士の費用は分割できる!

先ほども説明しましたが、特定調停のメリット

 

弁護士、司法書士の費用を払う必要がない!

 

という事なんです。
言い方をい変えれば、特定調停で債務整理するメリットは弁護士や司法書士に費用を払わなくていい事だけなんです。

 

なので、特定調停で時間をかけて債務整理をするよりも、今すぐに債務整理して自由になりたいと思う人は法律事務所に相談した方が早く確実に債務整理が終了します。
ただ弁護士費用が高い!とほとんどの方が思っていると思いますが、債務整理するのにまた弁護士や司法書士の費用を払えなくて借金をする事はありえない事なんですね。せっかく債務整理が終了したのにまた借金に悩まされることなんて本末転倒なんです。

 

なので、ほとんどの法律事務所は分割を適用していますし、また債務整理をしなければいけない事になるような金額は請求されませんので安心して下さい!

 

STEP6:ヤミ金業者から催促されている利子は払わなくていい!