ヤミ金業者からの催促される利子は払わなくてもよい!

MENU

ヤミ金からの取立て金は返さなくてもいい!

なぜ、こんな強気の事が言えるかと言うと、平成20年6月に最高裁の判決で

 

『ヤミ金業者から借りたお金は返す必要がない。支払った利息も全額返金できる』

という事が判決しました。なので、今ヤミ金業者から悪質な取立てをされている人はすぐに法律事務所に相談することをおすすめします。
※警察に相談しても事件にならなければ動いてくれないので、法律事務所に相談するようにしましょう。

サラ金業者とヤミ金業者を見極める方法は?

まず、貸し金行を営むには都道府県知事に登録しないといけないんです。

 

例えば、金融会社の登録表みたいなのがあるおと思うのですが、そこに東京だと都@〜番号や都A〜番号 大阪なら大@〜番号や大A〜番号などで表示してあります。

 

最近では、この登録してある番号が表示されていて登録されていても必ず利息制限法で貸し付けているとは限らないので絶対安心というわけではないので中位が必要です。

どこが違えばヤミ金業者になるのか?

法律に則って運営している会社と違法で運営している会社の違いは何なんでしょうか?
詳しくみてみましょう。

 

はっきりと違うのは利息制限法の定める上限金利最大で20%以上の金利で貸付を行っている業者です。

この金利以上でで貸付を行っている業者はすべてヤミ金にあたります。

 

その他でもみてみましょう。これに当てはまる業者もヤミ金とみなされます。

 

@違法を承知で過酷な取立てを行う
法律で禁止されている取立て行為というのがあります。

 

@暴力的な態度、大声を上げる事、乱暴な言葉を使う
A夜間(午後9時〜翌朝午前9時まで)の取立て
B住居以外(会社など)に行ったり、電話をかけたり、FAXなどを送ること
Cビラや看板などで、借金の事を第3者に知らせること
D親、親族、友人など、支払い義務のない人(連帯保証人になってない人)に借金を払うように催促すること
E新しく借り入れて返済に充てることを要求すること

このような事をする業者はヤミ金業者にあたりますので法律事務所に相談することをおすすめします。

 

A返済が難しいと知りながら貸す
ヤミ金業者は本人に返す力がないとしりながらも、親、親族から取り立てればいい。ということを思っているので貸し付けてきます。

 

平成20年6月にヤミ金業者には返済しなくてもいい!という判決がでましたので、このような事をされても一切返済しないでいいので強い気持ちも持って対応しましょう。

 

ヤミ金の相談をするのに最適な法律事務所とは?

やはり、ヤミ金の相談は普通の法律事務所では対応してくれるところは少ないのが現状です。

法律事務所の人もヤミ金業者との取引は怖くてやりたがらないんですね。

 

なので、ヤミ金の相談を多く扱っていて信頼できる法律事務所に相談して下さい!
ヤミ金の相談はこちらのサイトに詳しく書いてあります。

 

⇒ヤミ金に強い法律事務所

 

残りは、最後のステップだけとなりました。債務整理の事が大体の事は学んで頂けたと思います。あとはやはり、債務整理に強くて信頼できて、費用が安い法律事務所に相談できる事がベストだと思います。
次のステップでは、非常に重要な法律事務所の選び方についてです。

 

STEP7:債務整理の選ぶ弁護士にも要注意!一番信頼できる法律事務所とは?