保証人と連帯保証人の違いはこれなんです!

MENU

保証人や連帯保証人になったら必ず借金を支払わなければいけないのか?

債務整理をする人の中には、保証人や連帯保証人になったばっかりに債務整理を行う人も多くいます。
結論から言うと

 

保証人や連帯保証人になった人は借金を支払わなければいけません!

 

借金をした人が借金を支払わなかった場合はもちろん、自己破産を行った場合も借金を支払わなければいけません!

 

借金の怖いところは、自分が借金をして借金を返せなくなった場合は債務整理をして借金を減らす事ができますが、自己破産の場合は保証人や連帯保証人が借金を返済しなければいけません。
人に迷惑をかける事になりますので怖い部分があります。

 

でも、自己破産は債務整理の最終手段であって任意整理や個人再生でなんとかなる人がほとんどです!
なので借金が少しでも滞り、返済が難しくなってきたら早めに債務整理をする事をおすすめします。

 

任意整理や個人再生の場合は他人に迷惑はけかませんし、かなり減額されて借金を返済する事ができます!

保証人と連帯保証人の違いは?

家族や大切な友人から頼まれて保証人や連帯保証人になっている人が結構いらっしゃいます!
なかなか難しい事かもしれませんが、保証人や連帯保証人にはならない方が絶対いいです。

 

でも、家族や大切な友人の頼みだと断りづらい場合もあるのは確かです。
その気持ちもわかります。
もし、断る事ができるのであれば断って頂きたいのが私の本心です。

 

それでも断れない人のために保証人と連帯保証人の違いについて説明します!

 

最初に言っておきますが、保証人よりも連帯保証人に方が責任が思い!って事です。

 

保証人の場合は、借金の請求がきても『借金を借りた人に請求してください!』と言う事ができます。
これを『催告の抗弁権』と言います。

 

それでも、借金をした人が借金を返済しない場合はまた、借金を返済して下さい!と請求がくるようになります。
そこでも、『借金をした人は返済能力があり、強制執行もできる』と言う事ができます。
この事を『検索の抗弁権』と言います。

 

でも、連帯保証人の場合は違います!

 

連帯保証人の場合は必ず借金の返済が終わるまでその責任がなくなる事はありません!

 

『催促の抗弁権』や『検索の抗弁権』も利用する事はできません。

 

連帯保証人の場合には、支払わなければいけない3つの条件があります。

 

@支払っていない利息(違法な利息は払わなくてもいい)
A返済していない元本
B遅延損害金

 

この3つに関しては無条件で支払わなければいけません!

 

なので一番いい対策方法は保証人や連帯保証人にはならない事ですが、どうしても断れない!という方はこの事を覚えておいて下さい!
もし、他人の借金が降りかかってきてどうにも出来ない場合は、すぐに司法所士や弁護士に相談してください!