遺産相続で借金が見つかってしまった時の相続放棄のポイントとは?

MENU

借金があっても遺産相続を放棄するのはまだ早い!

債務整理をする方の中で、遺産相続の時の借金の相談を最近増えている傾向にあります。
遺産相続は、資産を相続するだけならいいのですが、借金なども相続相続しなければいけません。

 

そんな、遺産相続の時によく思う事があります。

 

『資産よりも借金の総額が大きいからといって、遺産を放棄するのはまだ早い!』

って事です!

 

借金の総額が多いから遺産を放棄した!とよく聞く事があります。
そんな時に

 

私:『借金の本当の金額を調べましたか?』

 

相手:『いや、調べていません!』

 

と言う方が結構いらっしゃいます。
それは間違いです。

 

遺産相続の時に資産よりも借金の方が多いからって、相続放棄するのはちょっと待って下さい!その時は借金が多くてもある方法を使えば借金よりも資産の方が多くなる可能性があります。

 

遺産相続の借金も引き直し計算をする事!

まず借金をしていると分かった時点で、本当の借金総額をしっかりと知る事が大切です。
遺産相続の時に借金が見つかったとしてもすぐに遺産放棄するのではなくて借金を引き直し計算してみましょう!

 

『遺産相続で借金が見つかったとしてもすぐに遺産放棄するのではなく、引き直し計算をする事!』

 

実際にも、何も資産が見当たらない方でも借金している事がわかりすぐに遺産を放棄しようとしていた方がいましたが、引き直し計算うぃおしてみると348万円の過払い金が発生していた事がわかりました。

 

もう1つわかりにくい事があります。、遺産相続の時に借金は無かったのですが、サラ金会社との取引履歴の証明書を発見した場合はどうでしょうか?そんな時は、司法書士や弁護士に相談してみてください!もしかしたら多額の過払い金が発生している可能性がありますよ!

 

でも、注意する点があります。

 

遺産を放棄できるのは、遺産の相続が発生してから3ヶ月以内です!

 

なので、まず遺産相続をする時に借金がある事がわかったらすぐに司法書士か弁護士に相談してください!
引き直し計算や相談なら無料でやってくれる法律事務所もありますので、無料でやってくれる法律事務所をおすすめします。

 

もちろん、その借金の保証人や連帯保証人になっている場合は遺産を放棄しても借金の責任はなくなりませんので注意してください!