サラ金の取立ても所詮サラリーマンだからビビる必要はない!

MENU

取り立てる人も同じ人間なんです!

この記事を読んでいる今でも借金の取り立てに苦しんでいる方も大勢いると思います。
でも、心配しないでください!もう大丈夫です!

 

もう、これ以上無理!という方はこちらに無料なので相談してみてください!
すぐにでも取り立てから開放されますよ!

 

なぜ取り立てが止まるかというと、弁護士や司法書士に債務整理を相談すると『受任通知』を業者に送る事によって借金が弁護士や司法書士に委任した形になりますので、借金をしている本人には取り立てはできなくなるんです!
なので、委任する事によって取り立てはストップする事になります。

 

取り立てがすぐにストップする方法

 

少し話はそれましたが、取り立てる人も所詮サラリーマンなのでビビる必要はありません。
私達と同じように上司からは『取り立ててきたのか?』『取り立ててくるまで会社には戻って来なくていいぞ!』みたいな感じで言われている訳です!
逆に上司から取り立てられている感じですね!

 

なので、取り立てがひどくてもそんなにノイローゼいならなくてもいいわけです。中には思いつめて夜逃げや自殺という事も耳にします。
はじめから取り立てはサラリーマンがやっているものと思えばそんなに思い詰めなくても大丈夫になるはずです。

 

それでも、取り立てがいやな人はすぐに弁護士か司法書士に相談するべきです!

 

債権者も債務者も平等である!

借金の事に関してはなぜか世の中の風潮として、債権者が偉くて債務者が弱い!感じがしているのは私だけでしょうか?

 

もちろん、利息制限法以内の利息だとしたら借金は返済するのが義務なように感じます。
でも、人生はそんな順調に行くわけもありません。

 

誰でも調子がいいとき悪いときがあるわけです。
私も借りた借金は返済するべきだと思います。

 

でも、ノイローゼになったり夜逃げしたり自殺するまで追い込まれなくていいと思うんです。

 

そんな時の為に債務整理という法律があるんですから。
人間色んな失敗をします。1度も失敗しない人間なんていませんよね?
そんな人のために法律があり、また人生やり直す事ができるようにと国が決めているんです!

 

なので、借金をしていても引け目に感じなくても大丈夫なんです。
債務整理の法律があるので人生やり直す事ができます。
中にはその事を利用して、『どうせ債務整理する事ができるんで、お金なんて何とでもなる!』と考えている人もおられるみたいですけどそんな人は法律で守ってもらえない可能性もありますので気をつけてください!

 

今話している事は、『一生懸命にがんばってきて失敗した!』という人へのお話です。
私もやはり借りたお金は返すべきだと思いますし、最初から返す気がない人の借金を債務整理するのはどうかと思います。

 

自己破産をする時は、借金の仕方で自己破産できない事もあるので注意してください!

 

でも、最後にもう一度言います!

 

借金の取り立てにはビビる必要はありません。所詮サラリーマンが行っている事です。
それでも嫌な人はすぐに弁護士や司法書士に相談しましょう!