取立て対策に重要な2つのポイント!

MENU

暴力をうけたかどうかが重要になってくる!

取り立てが苦しくてどうしようもない場合は、すぐに弁護士や司法書士に依頼するのがてっとり早い方法です。
でも、中にはくやしいから自分の力でなんとかしたい!という方もおられます。そんな時はどのようにしたらいいのか?弁護士や司法書士に依頼していてもどのような形で解決しているのかを知っておくのも一理あります。

 

暴力を受けていた取り立ての場合
行政処分、行政指導を監督官庁に求める事ができます。

 

暴力を受けた場合や支払い義務がないものへの取り立てがあった場合
・裁判所に民事訴訟を提起する(慰謝料請求など)
・警察・検察に刑事告訴する(暴行罪・脅迫罪・傷害罪など)

 

・『不退去罪』・・・自宅などに押しかけ帰らない場合
・『名誉毀損』・・・プライばそ?を損害された場合
・『威力業務妨害罪』・・・勤務先に押しかけられた場合
・『逮捕監禁罪』・・・監禁または軟禁された場合

 

このような事はすべて刑事告訴できます。行政書士にたのめば必要な書類も作成してくれます。

 

サラ金業者の脅し文句に怯える必要はない!

よく悪筆な取り立てである事はそんなに季にする必要がない事ばかりなんです。
なのでしっかりと知識を持って対応しましょう。

 

@『給料を差し押さえるぞ』と言われたら!
法律上最大で差し押さえできる金額は4分の1となっているので全額差し押さえする事はできません。

 

A『お金を返さないのであれば詐欺罪で訴えるそ!』
債務者に返済の意思があれば詐欺罪で訴える事は非常に困難です。

 

B『内容証明郵便で支払いの通知がきた』
内容証明郵便は、郵便曲が文章の証明をするものなので、法的強制力はありません。
よく使われる手口なので気をつけましょう。
ほおっておいても何の効力もありませんから大丈夫です。

 

C裁判所から支払い督促が届いた!
この支払い督促には強制執行などの強制力はありませんが、その中に『仮執行宣言』というものがあります。
これをほっておくと強制執行となりますので気をつけてください!、2週間以内に同封なれている『異議申立書』に『異議あり』と書いておくりましょう!
これを行えば強制執行は受けずに訴訟に移行する事になります。訴訟になれば、利息制限法に基づいて引き直し計算をした金額を分割で支払うこと!と判決がでますので、都合よく債務整理ができる状態になります。

 

ここの書かれている事は違法行為ですのでほとんどの場合が刑事告訴できる内容です。
あまりにもひどい取り立ての場合は警察か検察に行って刑事告訴するのも1つの手です。

 

でも、それでも借金の解決にはなりませんので弁護士や司法書士に相談して債務整理する事をおすすめします。
何回も言っている通り、弁護士や司法書士に依頼すれば取り立てはすぐにストップしますので。

 

今は債務整理の相談は無料で行っていますよ!