取立てを追いやる為の7つの神器!

MENU

取り立て対策の道具を準備しよう!

取り立てに苦しんでいる人は何か対策はしていますか?
もし、取り立てが違法で刑事告訴になった場合は証拠がないと苦しい状況になってしまいます。

 

そんな事から今、違法な取り立てをうけている人はすぐに今から紹介する道具を準備するようにしてください!

 

@録音レコーダー
借金をしている金融会社と交渉する時や取り立てを受けている時には録音レコーダーを身につけておくといいでしょう。
裁判になった時には決定的な証拠になります。もし取り立てにきた人が大声で叫んでいたのが録音されているとしたらそれだけでも違法になりますのでかなり有利になります。

 

Aポストのカギの変更
長く住んでいる方はポストのカギを変更したほうがいいです。他社の督促状なんかを勝手に持って行ったり、個人情報が載っているものを持って行ったりする事がありますので変更しましょう。

 

B携帯電話
今の時代だと持っているのは当たり前と思われがちですが、借金に困っている人は携帯電話を持っていない方もかなりおられます。
携帯電話会社にブラック登録されている人も多くいるでしょう!携帯電話だけは多少無理をして安くて月学3000円くらいで持てるのでもっておきましょう。なぜかというと、違法に取り立てをする業者は監禁や軟禁をしてくる業者もあります。その時には携帯電話があれば警察に電話できるからです!

 

C監視カメラ
もちろん自宅に取り立てに来た業者の決定的な証拠になるのが動画で撮影する事です。声も入りますし、顔などもばれますので一石二鳥です。
お金に余裕がないよ!という方はダミーの監視カメラもありますのでダミーの監視カメラをつけるだけで取り立て業者にプレッシャーを与える事ができます。

 

D防犯ステッカー
警備会社のステッカーなどがあればいいのですが、警備会社のダミーのステッカーも何百円で売ってありますのでこれだけでも取り立て業者にプレッシャーを与える事ができます。

 

E防犯ブザー
市販でも何百円で売られている携帯用の防犯ブザーでも十分です。どんな対策をしていても取り立てにくる業者はいます。そんな時に気が弱い方や女性の方は大声を出す事もできない事があるでしょう。そんな時は防犯ブザーを玄関においておけば大きな音がなりかなりの確率で取り立て業者を追い返す事ができあmす。

 

F玄関扉のスコープ
結構な確率で今のアパートやマンションにはついていると思いますが、中には付いていない扉もあります。ピンポンが鳴って誰が来たかわからない状況が毎日続くとそれだけでもストレスになりますので、スコープを取り付けるようにしてください!

 

 

 

 

これだけでだいたい対処できる。

今上記で説明した7つの道具を装備すればストレスなく取り立てから逃れられると思います。
でも勘違いしないで頂きたいのは、そこで対処できても一時だけだという事です。

 

取り立て業者を追い返したからと言って借金問題がどうにかなる事ではありません。
借金が減る事もありません。

 

なので、取り立てが厳しく苦しい人は弁護士や司法書士に依頼するのが一番早い対策です。
相談だけなら無料でやってくれる法律事務所もありますのでとりあえず相談してみましょう!